商品名・メーカー 作例8 ジェットビートル  ハセガワ
商品ナンバー
完成サイズ スケール1/72
価格    -
製作者 鯖之介

今回は、金森氏製作の「S.S.S.P.基地 ビートル発射台」に合わせて

ジェットビートルを製作という大役?を任されました鯖之介です。

このキットは、各本編エピソードに合わせ選択式でバリエーションを組める様に

なっていますが、今回は記念すべき第1話のS111号機通称ベムラー版で製作しました。

このジェットビートルは発射台に乗せる事を前提に製作しましたので、まずは操縦士2人を製作し搭乗

させることにしました。

(ちなみにキットには付属しません・泣)

操縦士はタイムスリップグリコの測量士をレジンで複製しパテ等で改造しました。

ヘルメットのバイザー部は透明プラ板をヒートプレスで作成。

コクピット内も操縦士に合わせ、センターのレバーを真鍮線とスチール玉で追加。

1人は操縦桿、もう1人はセンターレバーを握っているように製作してます。

ビートル本体の方は発射台作動時に動いてしまわない様、磁石を胴体に3個ほど入れてあります。

(発射台の方には密かに鉄板が組み込まれてます)

キットには3本の垂直離陸用脚が付属してますが、今回は、真鍮パイプ・真鍮線・流用パーツで新規に制作しました。

脚を取り付けるために、本体と主翼部にポリキャップを内蔵しました。

また、外した脚はディスプレイスタンド裏面に収納できるように改造してあります。

キットには、シルバー意外すべてがデカールで色分けできるようになっていますが、

今回はマーキング意外すべてマスキングで塗装してあります。

キット付属のディスプレイスタンドはもともと梨地状になっていますが、今回は

表面を削り落としウレタンクリアーでコート後研ぎ出し、デカールの段差をなくしてあります。

コクピット周りがほぼ終了した頃、科特隊員3人とマルス133付属の限定版が発売されるなどの

心理的ハプニングもありましたが(ーー;) 無事完成となりました。

辛抱強くお待ちいただいた依頼人様にはとても感謝しております。